耳鼻咽喉科 あらいクリニック 尼崎市

補聴器外来

補聴器によるコミュニケーション

高齢化社会になり、補聴器を必要とされる方が増えています。

耳鼻科医として、患者さまには「年を取ったから仕方がない」と聞こえをあきらめず、補聴器を上手く使っていただきたいと思っています。

聞こえの機能が低下すると、日常生活での家族とのコミュニケーション、仕事面、認知症の発症・進行などにも影響をもたらします。

「聞こえないからあまり話したくない」とか「聞こえないから外出したくない」という方には、ぜひご自身にあった補聴器を見つけていただき、ご家族やお友達とたくさんお話をしていただきたいと思います。

毎週火曜日に補聴器外来を行っております。

予約制となっておりますので、事前にご連絡をお願いいたします。
また、補聴器を適正に使っていただくため、事前に検査を受けていただく必要があります。

耳鼻科で行われる補聴器外来

耳鼻科で行われる補聴器外来

当院の補聴器外来は、補聴器を購入するための専門外来ではなく、補聴器を適正に使っていただくための専門外来です。

当院には、聴力検査のための防音室と補聴器適合機器が完備され、耳鼻咽喉科専門医・認定補聴器技能者のもとで補聴器フィッティングを行い、安心してお使いいただけるようにサポートしています。

また、補聴器の適応がある方の全てが、補聴器にうまく順応するわけではありません。

フィッティング後に貸出をしますので、補聴器を試聴して生活してください。購入前に試されることで、聞こえの変化や使用感を確認いただけます。

また当院では、初めて補聴器を使用される方だけでなく、現在ご使用になっている補聴器の再調整も行っております。

補聴器外来では、日常生活での家族や周囲の人たちとコミュニケーションの指導、聞こえについての相談も行っています。ご家族もご一緒に来院ください。

当院は補聴器適合検査認定施設です

当院は、厚生労働省からの補聴器適合検査認定施設を受けた医療機関です。

医師は、日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医
補聴器適合判定医師の資格も取得していますので、安心してご利用いただけます。

※ 身体障害者福祉法45条の指定医として、高度難聴の方には聴覚障害の認定を行っています。
  障害認定を取得された場合、補聴器購入の際に市町村の助成が受けられます。