耳鼻咽喉科 あらいクリニック 尼崎市

アレルギー性鼻炎(花粉症含む)に対するレーザー治療

アレルギー性鼻炎に対するレーザー治療

アレルギー性鼻炎(花粉症も含む)は体質による病気のため、治療期間も長くなりがちで「仕事や学校の都合で通院ができない」 「症状がつらくて仕事や家事が手につかない」という方にはレーザー治療をお勧めしています。

当院では、内視鏡を用いてCO2レーザーで施術しています。最新のCO2レーザーの導入、内視鏡を用いて病的粘膜をとらえることで、 より正確で患者さまに負担の少ないレーザー治療を目指しています。

レーザー治療で、アレルギー性鼻炎や花粉症が治ってしまうわけではありません。レーザー治療を行う上でのメリットは、お薬が減らせることや病院に定期的に通院しなくてもよくなることです。

アレルギー性鼻炎レーザー治療の予約について(2017/5/1)

本年(2017年)は、5月からレーザー治療を開始しております。
レーザー治療の予約は、随時行っておりますので、ご希望の患者さまはご相談ください。

当院では、改善効果の減少や患者さまの負担などの面を考慮し、
花粉飛散シーズン、特にスギ花粉症の季節(2〜4月)はレーザー治療を行っておりません。

レーザー治療とは?

鼻の粘膜の鼻づまりを起こしている部分にレーザーを照射する治療です。
術後の痛みや出血はほとんどなく、安全な治療です。
手術にかかる時間は15分から30分程度で済みます。

こんな症状の方にレーザー治療をおすすめします

治療時期の目安

治療時期の目安

花粉症の予防的レーザー治療は、
花粉が飛び始める2ヶ月前が最も有効な時期です。

例えばスギ花粉症の場合は、10月から12月にかけて行うと良いでしょう。

花粉飛散シーズン中のレーザー治療は、10月から12月の治療と比べ、患者さんが実感できる改善効果が少なくなる傾向があり、当院ではあまりお勧めしていません。

※ 通年性、ダニなどが原因の場合、
  シーズン中でも治療が有効となる場合があります。

治療時の痛みについて

治療時の痛み

麻酔薬を染みこませたガーゼで粘膜表面を麻酔した後、毛細血管をつぶしながら焼いていくため、痛みや出血はわずかですみます。

ただし、痛みについては個人差があるため、経過に応じて追加麻酔を必要とすることがあります。

また、粘膜を焼きますので、焦げた臭いや煙が出ますが問題ありません。

治療費の目安(保険適応となります)

【3割負担の患者さんの場合】 手術施行代として:9,000円位