子供によくある耳鼻喉の症状

  • HOME
  • 子供によくある耳・鼻・喉の症状

お子様の症状でお困りごとはありませんか?

小さなお子様は、耳・鼻・喉でつらい症状を感じていても、
それを上手く伝えられない場合があります。
そうした時、まわりのご家族がいち早く異変に気づき、耳鼻咽喉科に相談することが大事です。
お子様に次のような症状がありましたら、お早めにご相談ください。

よくある耳の症状

  • 耳が痛そうにしている
  • 耳を頻繁に触る
  • 耳垢(みみあか)が溜まっている
  • 呼んでも返事をしない
  • 大きな音でテレビを観ている

よくある鼻の症状

  • よくくしゃみをする
  • 鼻が詰まっている
  • 鼻水が出る
  • 鼻出血がある
  • いびきをかいている

よくある喉の症状

  • 喉を痛そうにしている
  • 扁桃腺が腫れている
  • よく熱が出る
  • いつも口をぽかんと開けている
  • よく咳をする

お子さまのよくある病気

急性中耳炎

急性中耳炎

お子さまでよくある病気のうち、最も多いのが急性中耳炎です。
細菌感染により中耳(鼓膜の奥)で炎症が起こる病気で、お子さまは耳管(鼻の奥と耳を繋ぐ管)が短いため、これを経由して細菌が侵入しやすく、急性中耳炎が起こりやすいとされています。

ズキズキと激しく耳が痛むほか、耳垂れが出たり、耳閉感が現れたりします。
進行すると滲出性中耳炎に移行してしまうことがあります。
軽度の場合、自然に治る場合もありますが、症状が強い場合には抗生物質を使って改善をはかります。急性中耳炎は、耳管を経由して細菌に感染することで起こるため、耳だけでなく吸引器で鼻水を取るなどの治療も大事になります。

難聴

難聴とは聴力が低下した状態のことで、小さなお子さまの難聴は特に早期発見が重要となります。聞こえが悪くなる原因は様々ですが、お子さまの場合、滲出性中耳炎が原因で起こることが多いです。
聞こえが悪くなりますので、「呼んでも返事をしない」「大きな音でテレビを観ている」などの異変にお気づきになったら、お早めに当クリニックへご相談ください。

難聴を引き起こしている原因疾患を確認し、それに対して適切な治療を行います。
必要に応じて、補聴器のフィッティングを行うことがあります。

副鼻腔炎

鼻腔のまわりにある空洞(副鼻腔)で起こる炎症です。蓄膿症と呼ばれることもあります。
お子さまの副鼻腔炎は、顔の骨の成長に影響することがありますので注意が必要です。「いつも鼻水が出ている」というような場合には、お早めに当クリニックへご相談ください。いつも鼻水が出る、膿のような粘り気のある鼻水が出る、鼻水が喉に落ちて痰が
からむ、においを感じにくくなるなどの症状のほか、お子さまの場合、顔の骨の成長に影響することもあります。

主に、ネブライザー(吸入器)を使って抗生物質などのお薬を吸入し、鼻の中をきれいにする治療を行います。
症状が改善されない場合には、手術が必要になるケースもあります。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎とは、家の中の埃、ペットの毛、ダニの死骸などのハウスダストや、花粉などで鼻の粘膜が刺激されて起こる
鼻炎です。くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状が現れ、鼻が詰まって夜眠れなくなったり、集中力が低下したりすることが
あります。

近年、アレルギー性鼻炎は低年齢化していて、お子さまでもアレルギー性鼻炎がよくみられます。
アレルギー症状を引き起こすアレルゲンを遠ざけることが大事で、そのうえで点鼻薬や抗アレルギー薬などを使用して症状の改善をはかります。

順番受付0745-24-3311