めまいの治療・検査

  • HOME
  • めまい検査

めまい治療・検査
(平衡機能検査)

「めまい」「ふらつき」はありませんか?
耳からくる「めまい」は耳鼻咽喉科の診療領域です。

めまいが起こると非常にびっくりします。急に気分が悪くなり、耳鳴りや吐き気、立ち上がれないこともめずらしいことでは
ありません。めまいの治療において重要なのは、症状を起こしている原因を早期に見つけることです。

ストレスや疲れによるもの、耳の病気が原因で起こるもの、脳の病気が原因となっているものなど様々な要因が考えられますが、
時には命にかかわるもの、後遺症を残すものもあります。

治療の第一歩は、早期発見により、迅速に治療を始めることです。

めまいの奥には
こんな病気がひそんでいます

一般的にめまいの多くは、内耳と言われる耳の内側に起こる異常が原因であるといわれています。耳の病気が原因で
おこるといわれているめまいは『良性発作性頭位めまい症、前庭神経炎、メニエール病めまいを伴う突発性難聴・中耳炎』などが
あります。

症状としては、大きく分けて以下の3つがあげられます

ぐるぐる目が回るように感じる

突然、自分自身が回転しているようなめまいが起こります。回転するめまいの多くは、耳の異常によっておこることが多いといわれています。そのため、耳が聞こえにくくなることもあります。

フワフワしてふらつく

突然症状があらわれ、フワフワ揺れる感じが続きます。頭痛やしびれ、運動まひなどの神経に関係する症状を伴うことがあります。浮動性めまいの多くは、脳の異常が原因で起こるといわれています。 脳への血流不全が原因となることが多いようです。

立ちくらみがする

立ち上がると、ふらっとしたり、目の前が暗くなったりするめまいは、血圧の変動に関係する病気が原因として考えられます。脳に送られる血液の量が少なくなることでめまいが起こります。

当院でのめまい治療

当院では、診断の際にめまい症状に関するカウンセリングを重視し、眼振検査、体平衡検査、聴力検査を合わせて総合的な
診断を行っています。

カウンセリングでは、めまいの起こり方、その時の様子、繰り返す具合、続く時間などを詳しくお聞きすることで原因を
絞り込みます。 それに合った検査をすることにより、治療計画を立てます。治療においては、症状にあわせた投薬、首の運動や視線の動きなどのめまいリハビリの指導を併用することで早期治療に取り組んでいます。

また、めまいの中で、最も見落としてはいけない病気は脳卒中、脳腫瘍などの脳の異常です。
これらの原因によるめまいは、場合によっては命にかかわることがあります。早期発見により、身体への負担を軽減することができます。
当院では、西宮協立脳神経外科病院・県立尼崎病院・関西ろうさい病院(関西労災病院)との連携により、脳神経外科専門病院への紹介を積極的に行っています。

当院のめまい検査

重心動揺検査
重心動揺検査

重心動揺計でめまい・ふらつき具合を調べます。
身体のバランス感覚(ふらつき具合)を調べる検査です。

平衡機能検査
平衡機能検査

フレンツェル眼鏡でめまいの原因を探ります。
フレンツェル眼鏡を用いて、めまいの際にみられる目の
異常な動き「眼振」をとらえることで、めまいの原因を
さぐります。

当院では「赤外線眼鏡」を使用しているため、非常に精度が高い検査をすることができます。

順番受付0745-24-3311