menu

補聴器外来

当院の補聴器外来

当院では耳鼻咽喉科専門医として、また※補聴器適合判定医、ならびに補聴器相談医として患者さまには「年を取ったから仕方がない」と聞こえをあきらめず、「聞こえないからあまり話したくない」や「聞こえないから外出したくない」、「相手に聞き返しをしてしまうから不快にさせる」と思っておられる方には、ぜひご自身にあった補聴器を見つけて上手く使っていただき、ご家族やお友達とたくさんお話をしていただきたいと思っております。また難聴の原因には加齢だけでなく、中耳炎の後遺症や、突発性難聴の後遺症などで難聴が残ったりする場合や、生まれつき難聴を持ち言語発達に必要不可欠なツールとしても補聴器は必要と考えられます。

補聴器購入や耳型採取の前に確認するべき8項目

  • 耳の手術をうけたことがある。
  • 最近3ヶ月以内に耳漏があった。
  • 最近2ヶ月以内に聴力が低下した。
  • 最近1ヶ月以内に急に耳鳴りが大きくなった。
  • 外耳道に痛みまたはかゆみがある。
  • 耳あかが多くたまっている。
  • 聴力判定の結果、平均聴力の左右差が25 dB以上ある。
  • 聴力測定の結果、500、1000、2000Hzの聴力に20dB以上の気骨導差がある。

上記8項目のうちどれかに該当する場合は、早期治療が必要、あるいは耳型採型が危険、という可能性が高く、耳鼻咽喉科医師の事前診察が必要である具体的な事項をまとめたものです。

補聴器外来の流れ

①初回受診 (耳鼻科一般診察)

一般外来を受診していただき、治療が必要な病気がないか診察します。純音聴力検査及び語音聴力検査(言葉の聞き取り検査)を行い補聴器の適応の有無を判断します。

受付の際、「難聴が気になっており補聴器の必要性があるかどうかも含めての診察を希望する」とお伝え下さい。

【難聴問診のお願い】
受診時、「難聴問診」のご記入をお願いします。
ご面倒かと思いますが、難聴状況、補聴器必要性の有無等を把握させていただくためお願いします。

②補聴器適応ための 聴力検査

③専門外来の予約:毎週水曜日・金曜日の午後3時~。

④補聴器外来1回目

⑤補聴器外来2回目

⑥補聴器外来3回目以降

⑦購入に関して

⑧点検・サポート